UGG、LGBTQ+の権利をサポート
私達のコミュニティー

UGG、LGBTQ+の権利をサポート

「平等とは、法案を通す以上のこと。闘いは、コミュニティの心の中 - 実際の場,本当に大切なところで勝ち取るものです」

1950年代から1960年代に活躍した、最も著名なLGBTQ+活動家の一人であるバーバラ・ギティングスが半世紀以上も前に言った言葉です。が、かつてこれほど当てはまる時代はありませんでした。

私たちのデジタルライフがコロナ後の新しい世界と交わるとき、私たちが所属するコミュニティがすべてとなります。UGGでは、私たちのコミュニティの中心は多様性に満ち、平等で、誇り高いものです。

このコミュニティへのコミットメントを示すさまざまな方法のひとつとして、UGG は LGBTQ+受容に向けてのの行動を促進する組織,GLAADと提携し、「ライジングスター 20 アンダー 20 プログラム」のパートナーとなり、スポンサーを務めています。2020年の記念すべき第1回のリストには、俳優のラクラン・ワトソン、ジョジー・トタ、ジョシュア・ラッシュ、ゾーイ・ルナ、ローガン・ロゾス、活動家のエマ・ゴンザレス、エズラ・グレイソン・ウィーラー、ジャズ・ジェニングス、サミール・ジャ、ジェイミー・マーゴリンなど、自らのプラットフォームを使ってLGBTQ+の人々の受容、平等、そして可視性を推進する、LGBTQ+の素晴らしき変革者たちが名を連ねました。

今年の「GLAADライジングスター 20 アンダー 20」は、LGBTQ+ プライド・マンスの世界的な祭典に合わせて、6月22日に発表されました。新しい受賞者には、ジョジョ・シワ、ヴェオンドレ・ミッチェル、ヤスミン・フィネイ、E. スミス、ステラ・キーティング、アンドレア・アレッハンドラ・ゴンザレス、ファゼ・イウォック、ジア・パー、アシュトン・モタ、ケイリン・アン、エリ・バンディ、mxmtoon、ドリュー・アダムズ、ダリド・プロム、モリーピンタ、トレバー・ウィルキンソンらの面々です。 - 代名詞が彼か、彼女か、彼らかにかかわらず、あらゆる人にとってより公正な世界を築こうとするその奮闘を認められ、選ばれました。

コミュニティへの貢献

GLAADは、メディアにおけるLGBTQ+の人々のリプレゼンテーションを、公正、正確、かつ包括的なものにしようと、特筆すべき目覚ましい活動を行っていますが、私たちはGLAADに寄付を行い、オールジェンダーのプライドスタイルを提案する#UGGPRIDEキャンペーンを打ち上げることで、より大きなコミュニティを支援しています。GLAADの多数の啓蒙的なイニシアチブの1つである GLAAD Media Instituteは、障壁を打ち破り、受容を重んじ、トランスジェンダーやLGBTQ+に対する誤解を正し、より幸せで公正な社会の構築に貢献するメディアの影響力を増幅させながら、LGBTQ+の人々にインパクトのある力強い方法で彼らのストーリーを伝えるためのツールを提供しています。

あなたもこの重要な活動を支援することができます。UGG.com で Disco Stripe が1足売れるごとに、LGBTQ+の受容と平等を促進することを目的として、25ドルをGLAADに寄付しています(125,000ドルを上限として)。また、HIVの新規感染者をなくすために精力的に活動を続けている、HIVとセクシュアルヘルスを先導する慈善団体であるテレンスヒギンズ財団と、若い人たちが自分の性的アイデンティティを安全に探求・受け入れ・経験することができるように支援する団体である Ohhh! Foundation に、£20,000 の寄付を行っています。  

トランスジェンダーの人々の権利を守るために

米国では、前例がない数の反LGBTQ+法案が全国の州議会を席巻し、2021年は2015年を凌駕する、反LGBTQ+法案における史上最悪の年になろうとしています。

LGBTQ+擁護の人権団体ヒューマン・ライツ・キャンペーン財団(HRC)によると、トランスジェンダーの人々の権利を制限することを目的とする100以上の法案が、少なくとも33の州で提出されています。 GLAADによると、「これらの法案は、医療へのアクセスを制限し、トランスジェンダーの若い人たちが学校でのスポーツに参加することを拒否し、医療従事者や子どもの健康をサポートする親を犯罪者に仕立てようとしている」とのことです。

ブランドとして、私たちは自分たちのコミュニティに賛同し、130を越える他のグローバル企業とともに、若い人たちを標的とし排除する、これらの不当な法案に深い懸念を表明することを誇りに思います。私たちは、この種の差別的な法律を制定しようとする動きに反対し、あらゆるアメリカ人に対し公平性を確保するよう議員たちに働きかけています。

行動を起こし、平等に取り組む組織と提携することにより、私たちは手を携えて、より平等な未来を築くことができると確信しています。 #UGGTogether

関連記事
論文

人種差別にNOを#UGGTOGETHER

13 10月 2020
さらに詳しく
論文

UGGは“The Valuable 500”で包括性にコミット

18 5月 2021
さらに詳しく
論文

LGBTQ+をサポートする

13 10月 2020
さらに詳しく