UGG 、CFDAとのパートナーシップを開始
私達のイノベーション

UGG 、CFDAとのパートナーシップを開始

今月、アメリカファッション協議会(CFDA)とのコラボレーションにより、CFDAのデジタルプラットフォーム上に待望の「マティリアルズハブ (Materials Hub)」が開設されました。

私たちは、デザイナーや学生たちが、革新的で持続可能な素材について、トップエグゼクティブや業界のリーダーから学ぶための教育ツール、実践的な知識、具体的なリソースを含む、このオープンアクセスのリソースを構築するために、たゆまぬ努力を続けてきました。私たちがこのサイトを作るのを楽しんだように、皆様にもこのサイトを探求して頂きたいと思っています。

ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、CFDAは約60年前に設立された非営利の業界団体で、ファッションにおける多様性、公平性、包括性、持続可能性などの分野で、デザイナーに思想的リーダーシップとビジネス開発のサポートを提供しています。また、専門的なプログラムや奨学金の機会を通じて、学生や新進デザイナーの目標達成を支援しています。さらに、毎年ニューヨークで、業界で最も有望な才能溢れる人材と既に実績のあるリーダーたちを招いて、権威あるCFDAファッション・アワードを開催しています。イベントがIRLに戻るので、11月10日に開催されるこのイベントを、ぜひカレンダーに書き込んでおいてください!

CFDAとのパートナーシップの一環として、今月はサステナビリティに関する主要分野の公開ウェビナーを開催します。その中には、マティリアルズハブ・サイトの紹介、パッケージや素材のイノベーションに関するパネルディスカッション、UGGブランドのマーケティングディレクター、ニックス・エリクソンとのインタビューなどが含まれています。インタビューの中でニックスは、私たちの持続可能性への主要な取り組み(素材の革新、カーボン・アカウンティング、再生農業など)、透明性と情報の重要性、そしてサプライチェーンにおける人々のサポートと環境保護のためのコミットメントについて語りました。また、ニックスは、HERProjectやHumane Societyなど、企業の社会的責任に関する私たちの主なパートナーシップについても紹介し、11月にクラシック・リペア・プログラム「UGGrenew」を開始することを発表しました。最後に、ニックスは、デザイナーへの重要なアドバイスを述べて、インタビューを締めくくりました。

「サステナビリティは旅のようなもので、私たちが挑戦し続ける限り、UGGにとっては決して終わることのない旅になるでしょう。完璧ではなく、前進することが大切なのです。」

CFDAとのパートナーシップにより、私たちのブランドのサステナビリティへの取り組みをさらに進めることができ、これ以上の喜びはありません。新しい素材や技術への需要が高まる中、このインタラクティブなハブは、デザイナーやブランドが、素材調達における主要なイノベーター、ベンダー、リソースを発見し、それらとつながる手助けをします。マティリアルズハブは、業界のリーダーに焦点を当て、デザイナーとイノベーターのコラボレーションを促進することで、すべての人に教育と専門的な開発の機会を提供することを目指しています。

FEEL GOODプラットフォームのミッションを拡張することで、CFDAとのコラボレーションによる新しいマティリアルズハブは、デザイナーに変化をもたらすために必要な知識を提供します。

関連記事
論文

UGGブランドのIcon-Impactのための素材イノベーション

30 9月 2021
さらに詳しく
インタビュー

テンセル™リヨセルを知る

21 3月 2021
さらに詳しく

Plant Power(プラントパワー)マテリアルイノベーション

11 3月 2021
さらに詳しく