UGG、非営利団体に50万ドルを寄付
私達のコミュニティー

UGG、非営利団体に50万ドルを寄付

25 6月 2021

今年の寄付先は、「パシフィック・プライド・ファウンデーション、「ファーストネイションズ・ディベロップメント・インスティテュート」、TASH、「イコール・ジャスティス・イニシアチブ」、「イコール・ジャスティス・イニシアチブ」、「アドバンスメント・プロジェクト」、「グリーンライニング・インスティテュート」、「ステューデンツ・ディザーブ」、「アジアン・ロー・コーカス: アジアン・アメリカンズ・アドバンシング・ジャスティス」、「ホームボーイ・インダストリーズ」、「ナショナル・アーバン・リーグ」などです。

昨年6月、UGGとDeckersのブランドファミリーは、グローバル声明を発表し反人種主義の企業であることを正式に表明しました。私たちは一丸となって、「NAACP リーガル・ディフェンス・ファンド&エデュケーショナル・ファンド」、NAACP、ACLU、「センター・フォー・コンスティテューショナル・ライツ」、「ブラック・ライブズ・マタ」、「アンチレイシスト・リサーチ&ポリシー・センター」など、アメリカ国内外で組織的な不公平や不法な仕打ちに対してアクションを起こしている非営利団体に、合計50万ドルを寄付しました。

1年後の今年、UGGとDeckersは、社会的・人種的正義を擁護する10の非営利団体に、誇りとともにさらに50万ドルを均等に分配して寄付します。

多様なコミュニティを調査して、どの運動が最も重要であるかを確認し、選択された非営利団体は消費者と従業員からクラウドソーシングの出資を受けて、あらゆる人々の声が確実に聞き届けられるようにしています。

今年の寄付先は、「パシフィック・プライド・ファウンデーション、「ファーストネイションズ・ディベロップメント・インスティテュート」、TASH、「イコール・ジャスティス・イニシアチブ」、「イコール・ジャスティス・イニシアチブ」、「アドバンスメント・プロジェクト」、「グリーンライニング・インスティテュート」、「ステューデンツ・ディザーブ」、「アジアン・ロー・コーカス: アジアン・アメリカンズ・アドバンシング・ジャスティス」、「ホームボーイ・インダストリーズ」、「ナショナル・アーバン・リーグ」などです。これらの団体は、社会的・人種的正義、選挙権の保護、障がい者のインクルージョン、先住民やLGBTQIA+コミュニティの支援などの分野で重要な活動を行っています。

利益還元の精神から、Deckersでは社会貢献活動だけでなく、世界中でダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン(DEI)の取り組みを推進する専門チームを設立し、DEIの専門家を招いて事業全体のコンサルティングを行っています。当社の採用活動では、職務内容の無意識の偏見を低減・除去するような採用ソフトウェアを導入し、ディレクター(部長)クラス以上の全採用において、リプレゼンテーションが不足しているグループに属する人たちを含む面接パネルの設置を義務づけ、2027年までに米国でディレクタークラス以上のBIPOC(黒人、先住民、有色人種)のリプレゼンテーションを25%にすることにコミットしています。昨年以降、ディレクタークラス以上のBIPOCの社員の数は12%から16%に増加しました。さらに、昨年6月以降、新規採用者全員のうちの49%がBIPOCコミュニティ出身者となっています。

また、当社はリプレゼンテーション(代表)の重要性を認識し、マーケティング資料に登場する人物の60%以上が、体型や能力が多様であるか、BIPOCやLGBTQIA+コミュニティなど、リプレゼンテーションが不足しているグループの出身者となることを約束しています。最後に、グローバルなメンターシップ・プログラム、定期的な DEI に特化したパネル、従業員リソース・グループ、インクルージョンに関する本社への最新情報の提供、宗教的・文化的行事のための流動的なフローティング・ホリデー、義務としてのインクルージョンに関するリーダーシップのトレーニングやワークショップの開催などを通じて、社内でのインクルージョンを促進しています。

説明責任は変化を促すものです。グローバル企業として、その変化は私たちから始まるべきものなのです。

世界がそうであるように、私たちの行く道もまだ遠く続いていますが、私たちはすべての人々をサポートし、従業員とその社内外の活動を多様化し、同盟関係である「アライシップ」が確固として築かれた環境を育むことに尽力します。

関連記事
論文

UGG、LGBTQ+の権利をサポート

22 6月 2021
さらに詳しく
論文

UGGは“The Valuable 500”で包括性にコミット

18 5月 2021
さらに詳しく
論文

ファミリーの一員:材料イノベーションに対する当社の取り組み

13 10月 2020
さらに詳しく