過剰包装を追放する時
私達の環境

過剰包装を追放する時

13 10月 2020

廃棄物はファッション業界での重大課題であり、包装もそこに含まれます。2017年以来、当社はより優れたデザインや工学技術により包装廃棄物を削減する方法を模索してきました。持続可能な包装をデザインするだけでなく、廃棄物が埋立地に排気されないよう最善を尽くしています。

当社は、製品の包装によるエネルギー消費と温室効果ガス排出を追跡する等、包装に関する研究を極めました。この研究によって、環境への影響を理解し、どのような変化が求められているのかを正確に突き止めました。そこで当社の廃棄物を最小限にすることから始めたのです。

これにより、薄葉紙の使用量を減らし、より小さい一片からなる靴箱に変更し、印刷されたブランド資料の量を減らしました。さらに達成したい目標は、森林管理協議会(FSC)認証済みの紙の使用量を増やし、リサイクル材料をより多く利用することです。

当社が包装を変更したことにより、既に顕著な効果が出ています。例えば、FY18からFY19まで8.96%までの詰め物用包装を削減、8.09%まで温室効果ガス排出量削減、2.09%まで水の使用量削減、11.1%まで化石燃料削減、12.63%まで富栄養化削減を実現しました。

当社製品のファッション・サプライチェーンで廃棄物をいかに取り扱うかを検討する際、リサイクル材料は重要な役割を果たします。当社の材料ページを閲覧すれば、当社が使用する様々なリサイクル材料についての詳細を知ることができます。

2023年までに、当社のMoreno Valley(モレノ・ヴァリー)流通センターをゼロ廃棄物の施設にするための対策が計画されました。

関連記事
論文

農業: 未来は再生可能

13 10月 2020
さらに詳しく
論文

ファッション+事実 –データに基づいた活動

13 10月 2020
さらに詳しく
論文

ファミリーの一員: 当社の環境に対する公約

13 10月 2020
さらに詳しく