家族の一員:地域社会に対する当社の取り組み
私達のコミュニティー

家族の一員:地域社会に対する当社の取り組み

13 10月 2020

当社は、UNGC持続可能な開発目標に従った当社の取り組みのために、デッカーズファミリーの一員として、人権・男女平等・質の高い教育に関して一連の目標を設定しました。

この目標や取り組みは、当社の活動と当社か関係する地域社会全体を対象とします。当社は、当社のサプライチェーン内で業界トップの人権対策を実施するなど、活動場所の地域社会に建設的な影響を及ぼすことを希望しています。当社は、多様性・男女平等・女性の地位向上・全種類の人々の受け入れの推進に極めて熱心に取り組んでいます。

当社は当社の従業員にも当社が関係する地域社会に建設的な影響を及ぼすよう、意欲的に取り組んでもらいたいと考えています。このため、UGGの各従業員には年間24時間までのボランティア活動に給与を支払い、従業員が年間100時間のボランティア活動を行うと一人につき1000ドルを関連福祉組織に寄付します。

もちろん、労働条件が適正であり人権が最大限に尊重されていることは優良事業の基本になります。当社は、引き続き諸々の基準を検討し、当社事業やサプライチェーンに携わる各人が、安全で健康な労働環境で働けるよう確固としたシステムを導入します。

また、当社はサプライヤーの監査を定期的に実施し、当社の地元のチームと共に、そして地域出身の従業員がいない場合は信頼できるサードパーティーと共に監査を行います。当社は協力活動が成功の鍵であると信じ、アパレル・靴ブランド協力活動フォーラム(AFBCF)やその他のブランドとも共同で活動し、当社が一企業として掲げる最高水準の標準規定がサプライチェーン全体で確実に守られるようできる限りの努力をします。

関連記事
論文

ファッション+事実 –データに基づいた活動

13 10月 2020
さらに詳しく
論文

ファミリーの一員: 当社の環境に対する公約

13 10月 2020
さらに詳しく
論文

家族の一員: デッカーズの国連グローバル・コンパクト(UNGC)持続可能な開発目標のための取り組み

13 10月 2020
さらに詳しく