人々のパワー -アンドレア・オドネル(ANDREA O’DONNELL)へのインタヴュー
私達のコミュニティー

人々のパワー -アンドレア・オドネル(ANDREA O’DONNELL)へのインタヴュー

13 10月 2020

アンドレア・オドネル、2016年よりデッカーズブランズのUGG®によって創設されたUGG® & Koolaburra (UGG®&クーラブーラ) プレジデント、人々と地球に対する当社の公約にはオドネル社長の思想が反映されています。

ファッション業界が持つ持続可能な開発の能力に関して誤解があるのでしょうか?

一番大きな誤解は、ファッション業界は現実の世界的変化を起こす影響力や能力がないと思われていることです。また、有名ブランドは悪であるとしばしば認識されています。実際には、大きなブランドになるほど、信じられないくらい重要な役割を担っています。なぜなら、大きなブランドは革新的テクノロジーに投資すべき資金があり、その資金で持続可能な開発へのより有効な方法が小規模企業の手に届くようになるからです。

持続可能な事業を進める上でブランド企業がなすべき最も重要な課題は何ですか?

ブランド企業は、サプライチェーンと自らのコミュニティーの中で、人々に対する貢献をすべきです。つまり、ブランド企業が環境に対するネガティブな影響を減少させることで、我々は次世代のために自分たちの惑星である地球の未来を協働して救うことができるのです。UGGでは、できる限り長く使える製品の開発に常に注目しています。そして、我社は恒常的に環境や社会に対して意識の高いサプライチェーンを構築する努力をしています。我社の FEEL GOOD の立ち上げは、人間が地球に与える影響の大きさを、主要なニュースとするための、次の段階の取り組みになります。これは、共に取り組み、ポジティブな、共通の未来をモデル化することによってのみ実現可能で、それには、まず地球を第一に考え、そこから我々が必要な変化へ移行することになります。

確実に持続可能な未来を実現するためにUGGがすべき対策は何でしょうか?

我々は目覚ましく革新的なデザインと素材を使用するために努力しています。これは廃棄物の量を削減し、環境への影響を最小限に抑えるためです。我々は専門的なパートナーと協力し、再生可能農業に取り組むことでエコシステムの保護推進計画を実施しています。特に、農家の人たちと共に我々が住む土地の保護・回復に取り組み、人々と地球に前向きな影響を与えるセイボリー研究所と、「土から市場へ」計画(Land to Market program)でパートナーシップを結んでいます。我々は専門的なパートナーとともに、我社の温暖効果ガスの排出量を削減するため、科学的検証に基づく目標に向かって推進しています。この目標は、工業化以前と比較し2℃以内に地球の温暖化を抑え、できれば1.5℃までの温暖化を目指すというパリ協定の目標に準拠しています。

国連の持続可能な開発目標をどのように支援しますか?

我々は2016年に国連グローバル・コンパクトに加入しました。国連の持続可能な開発目標により、より持続可能な未来を達成するための青写真が我々に提示され、信じられない程多くのブランド企業や様々な産業が行動に移すことを公約しました。今や、9500以上の企業がこの計画に賛同しています。分野を超えた協力体制と集団行動は極めて重要で、ブランド企業もブランド部門ももはや個別に取り組むのではなく、資金や知識を共有することに利益があると考えています。つながることで、人権・労働基準・社会的責任に応じた環境に関する取り組み・汚職防止という世界的な諸原則を最大限に尊重しながら事業を進めるという我社の公約を示すことになります。我々が直面している真摯な挑戦は、持続可能な変化を起こし、我社の与える環境への影響を相殺することができるスピードをいかにして生み出せるかということです。

世界レベルでいくつもの役割がある中で、ブランド企業の社長として貴方が最も責任を持つべき問題は何ですか?

ブランド企業の社長として、私の役割は我がUGGの価値観を確実に実行し、同時に我社の世界的コミュニティーにもその価値観を引き続き反映させることです。我々はファッションが現実的かつ民主的で、同時に上昇志向を持ち合わせると信じています。我々は革新的でありながら長持ちし、建設的な影響力を持つ製品を創り上げ、UGGを身に着けることで人々が快適な気持ちを抱ければ良いと考えています。

関連記事
論文

ファッション+事実 –データに基づいた活動

13 10月 2020
さらに詳しく
論文

ファミリーの一員: 当社の環境に対する公約

13 10月 2020
さらに詳しく
論文

家族の一員: デッカーズの国連グローバル・コンパクト(UNGC)持続可能な開発目標のための取り組み

13 10月 2020
さらに詳しく