UGGは水の無駄遣いを減らすために活動しています
私達の環境

UGGは水の無駄遣いを減らすために活動しています

私たちの親会社であるDeckers Brandsは、最近、年次サステナビリティ・レポート (annual sustainability report) を発行し、廃棄物に対する私たちのアプローチおよび廃棄物を削減する取り組みに焦点を当て、中でも、当社事業と私たちが活動するコミュニティを通した水の消費および品質を強調しています。

地球は70%が水で覆われていますが、淡水として利用できるのはそのうちのわずか0.5%です。多くの河川や湖沼が枯渇したり、汚染が進んで利用できなくなっており、世界の湿地の半分以上が消滅しています。このような水系への圧力の主な原因は、農業により地球が処理できる量を超えた消費・廃棄が行われているためであり、一方で、気候変動は世界のさまざまな地域で干ばつや洪水を引き起こしています。

UGGでは、こうした問題を意識し、水不足を回避するために当社による水の消費に気を配る必要があることを理解しています。私たちは主に、製品に使用する素材の加工と下準備に水を使用しています。染色、精練、漂白は特に環境負荷が高いため、素材チームはより効率的な染色技術の発見に努め、皮革製造業者の環境コンプライアンスとパフォーマンス能力を評価するプロトコルを開発・維持するマルチステークホルダーグループLeather Working Groupによって認定された、持続可能な事業活動を推進するタンナーからの皮を100%調達するよう取り組んでいます。LWGは、皮革産業における持続可能で適切な環境ビジネスの実践を推進しています。Deckers Brandsのより幅広いサステナビリティ戦略の一環として、私たちは常に水の使用量を追跡・監視し、削減目標を設定し、水のリサイクルを増やしています。これは、再生可能なブランド (regenerative brand) になるための道筋で、地球から手に入れた以上のものを還元するという、私たちのFEEL GOOD戦略に適合しています。

既に2019年から水の使用量を1足あたり15%削減していますが、2030年までにさらに30%削減することを約束しています。また今年は、本社からサプライチェーン全体に至るまで、信頼できる水と衛生サービスをグローバルコミュニティに提供する様々な水プロジェクトを支援する予定です。

本社での水使用への取り組み

水の使用量を減らすための取り組みは、私たち自身の本社から始まっており、すでに具体的で測定可能な行動を実施しています。LEEDシルバー認証を受けた本社ビルでは、低流量の器具を使用し、毎年約140万リットルの水を節約しています。また、干ばつに強い植栽を施し、雨水を集めて湿地帯に戻し、本社ビル周辺を修復しています。このように、すでにかなりの節水対策を実施していることから、水使用量の数値が大きく下がることはないと考えていますが、それでも2019年以降、改善が見られました。

サプライチェーンにおける水使用への取り組み

私たちは、環境負荷のほとんどが原材料レベルで発生していることを知っています。そこで、ティア1およびティア2のパートナー29社を監視しています。私たちは、すべてのパートナーが、廃水を適切に処理し、環境汚染を回避するために、水使用の効率と排出に関する最高基準を遵守することを期待しています。私たちの年間目標は、ティア1パートナーにおける水の使用量を15%、ティア2パートナーでは5%削減することです。ティア1レベルでは予想を上回る28%の水使用量削減を記録しましたが、ティア2パートナーでは、新型コロナ関連の遅延や出荷を取り戻すための増産により、水使用量が増加しました。しかし、私たちは、パートナー各社と協力して、目標達成と水使用量の最小化、すなわち、全てのパートナー社が私たちと共有する「地球に良いことをする」というビジョンを今後も継続していきたいと考えています。

私たちがどのように地球を守っているのか、詳しくはこちら (here) をご覧ください。

関連記事
論文

UGGはより良い素材をお届けすることに取り組んでいます

22 2月 2022
さらに詳しく
論文

UGG®ことをお約束していますOne Tree Planted

30 9月 2021
さらに詳しく
論文

ファッション・トランスペアレンシー・インデックス2021でのUGGの評価(スコア)

10 9月 2021
さらに詳しく